マンションの家賃設定

マンションの家賃というのは管理者が自分で価格設定をすることが可能です。家賃が安ければ入居者がつきやすいですし、高ければ入居者が入りにくい傾向があります。これは、誰だって少しでも安い物件に住みたいからです。しかし、価格だけではマンションの価値は決まりません。内装や立地といったものがよければ少し家賃が高くても入居する価値があると判断してもらえます。そこで、その地域の相場や物件内容を照らし合わせながら、利益が出せる家賃を設定して行くのが一般的です。

この時に、自分で全てのシミュレーションをしていくということは素人には難しいものです。そこで、多くのマンション経営者が利用するのが管理会社の賃料査定です。この賃料査定というのは管理会社が独自の方法で計算をして評価額を出していくものです。そのために管理会社によって賃料査定の金額には幅があります。一般的に賃料が安い方が入居者がつきやすく人件費もかからないために賃料査定の結果が安く見積もられがちな傾向があります。そこで、失敗しないマンション経営を行うためには賃料査定については参考にしつつ、それを元に最終的に後悔しない賃料を自分で決めていくことが重要であると言えます。