マンション経営のポイント

マンション経営は、安定した収入を得ることができたり節税対策になったり私的年金や生命保険の代わりとなったりといったメリットがありますが、入居者がいなければ利益が得られないですし、管理の中で家賃未納、老朽化といったトラブルもあります。そこで、きちんと知識を身につけた上で経営をすることが重要です。

人口が減少しているために、マンション経営は難しくなるのではないかという不安があります。しかし、実際には人口は減少していますが核家族化や晩婚化に伴い世帯数はふえて行くことが予想されています。そこで、今後の経営としてあまり大きなものよりも単身者や夫婦のみの世帯やひとり親と子供の世帯といった人たち向けの小さめのマンションを経営する方が良いという見解があります。

マンション経営を成功させるには入居したい、住み続けたいと思わせる物件にすることが重要です。そこで、世間のニーズにあった物件を作ることが重要です。先に述べた単身者や二人暮らし向けの物件が望ましいのと同じように、内装や設備についても多くの人が希望するもの、好むものを取り入れるのがポイントとなります。バスとトイレが分かれている物件であったり、デザイナーズ物件のようなおしゃれなもの、バリアフリー物件など入居者のターゲットに応じてその世代層が希望する物件を用意することが失敗しないポイントです。