不動産会社選び

マンション経営というのは自分一人で行うわけではありません。マンションの清掃やメンテナンスといった物件管理や入居者への広告宣伝、家賃の未納者への督促や入居者との契約業務、これらのことを一人で行うことはできません。そこで、マンション経営にはパートナーを設けるのが一般的です。

パートナーを設ける管理方法として、マンションの賃貸管理会社に委託をして経営を行うという方法があります。これは家賃から規定の手数料を管理会社に支払うことで家賃の集金、建物管理までを全て行ってもらう方法です。そしてもう一つが一括借上という方法です。持ち主が借り上げ業者と契約し借り上げ業者が自分たちの物件のように経営を行っていきます。持ち主に対して集金した利益から一部を受け取るというのが方法です。

安定性が高いのは借り上げをすることです。こうすればマンションの持ち主は毎月一定額の家賃収入が保証されるためです。空室の有無に関わらずこの費用というのは取り決めた金額を受け取ることができるためです。しかし、その反面このような対応をすると赤字があったとしても業者が補填してマンションの持ち主に月々の契約料を支払うことになるので倒産の恐れがあります。そこで借り上げ業者は経済力のある会社を選ぶことが重要です。